西三河の物件情報はコチラ

不動産取得税

不動産取得税とは

土地や建物を取得したときに、その不動産の所在する都道府県が課する税金が不動産取得税です。現実に所有権を取得することで、登記が行われているかは関係なく課税されます。
納税の方法については、不動産の取得後6ヶ月~1年半くらいの間に各都道府県から届く「納税通知書」を使用して金融機関で納付します。納期は都道府県により異なります。

注意
相続による取得については課税されません。

計算方法(基本税額の計算方法)

不動産の価額(固定資産税評価額)×  税率= 税額

不動産の価額は固定資産課税台帳に登録された価格をいいます。
不動産取得税の税率は4%ですが、平成30年3月31日までの間に行われた場合次のように軽減されます。


住宅等についての軽減

不動産の価額(固定資産税評価額) × 1/2 =
宅地の課税標準額

新築住宅とその敷地、長期優良住宅、中古住宅とその敷地の税額が軽減になります。
愛知県は不動産取得税の概要と計算方法下記リンクから詳細御覧ください。

参考 不動産取得税 - 愛知県

軽減措置の適用でゼロ~数万円程度で済むものの、なければ高額になることも有るため、軽減措置の内容をしっかりと把握しておくことが重要です。