【特選】人に好かれる会話術

エッグくん

みなさんの周りにも、「この人感じがいいなあ。」と思う人だったり、「気が合うなあ。」とか「相性がいいなあ。」と思う人がきっといると思います。

もしかしたら、その人はこっそり心理テクニックを使って、あなたにそう思わせているのかもしれません。

では、どんな心理テクニックかっていうと単純接触効果フォローアップクエスチョンです。

意識しているしていないに関わらず、この2つのテクニックを利用している人は、まず間違いなく人から好かれます。
異性からもモテます。人間関係もうまくいきます。それでいてやり方は簡単です。

単純接触効果

スクリーンショット 2019 06 07 17 44 41

まず1つ目は単純接触効果です。
心理学的に、人に好かれるベストな方法は何ですか?と聞かれたら

答えは間違いなく単純接触効果です。


スクリーンショット 2019 06 06 11 45 47

単純接触効果とは何かというと、

「会う回数が多い人を好きになる。」

その名前の通りとても単純なことです。

高感度は会う回数に比例するっていうことです。

分かりやすい例で言うと、毎日の通勤電車で見かける人、赤の他人だけどなんとなく空気になってきますよね。

「最近あの人見かけないなぁ。」とか「引っ越しちゃったのかなー。」とか。

単純接触効果によって親近感が湧いてくるっていうことです。

それから、ドラッグストアーで洗剤やお薬を買うときでも、テレビでよく見かけるものをつい手にとってしまいますよね。

見たことも聞いたこともないシャンプーとか、なかなか買わないと思います。これもコマーシャルによる単純接触効果なんです。

いつのまにか好きになっているということです。


スクリーンショット 2019 06 06 11 46 04

では単純接触効果は、どれくらい効果があるのか?というと、

これはある心理実験なんですが、女性に対して男性の写真を見せました。
その結果、写真を見せる前と、写真を見せた後とでは好感度が倍も違ったそうです。

見る回数を増やすだけで好感度が跳ね上がるわけです。

選挙の時期になると、立候補者のポスターを待ちであちこち見かけますが、
あれも単純接触効果で好感度アップを狙ってのことです。

雑談の重要性

スクリーンショット 2019 06 06 11 46 27

しかし、会社でも学校でも好きな人もいれば、そうでもないという人もいますよね。
毎日顔を合わせているのに、別に好きでもなんでもないという人もきっといると思います。

なぜそんな差が生まれるのか?というと、これは雑談の量

単純接触効果で一番大切なのは雑談の量です。

必要な会話ではなくて、どうでもいい会話をいかに増やすかが、人に好かれる一番の秘訣というわけです。

もしも「部長は山田君には優しいのに、自分に集めたい気がするなあ。」というのであれば、
恐らくその原因は、部長との雑談不足です。

例えば朝遅刻ギリギリ、会社にきて夕方は定時になったらとっとと帰る。という感じだと、人と会話する時間ほとんどないですよね。
雑談が少ないと、周りの人からあまり好かれない。冷たく扱われやすい。ということです。

周りの人から好かれるために、一番大切なことはとにかく雑談の量を増やすこと
会話だけではなくて、電話メールのみかそれか年賀状なんかもいいですね。

雑談を増やすことが、人に好かれる最高の秘訣ということです。


スクリーンショット 2019 06 06 11 46 54

でもここで雑談って言っても
「何を喋ったらいいの?」とか「僕喋るの苦手だ。」方もいると思います。
安心してください。雑談にも上手な方法があるんです。

それが2つ目のフォローアップクエスチョンになります。

フォローアップクエスチョン

スクリーンショット 2019 06 06 11 47 16

ハーバード大学の研究で、好かれる人やモテる人の会話データを研究しました。
好かれる人はどんな話をしてるんだろう?」と。
すると好かれる人の話し方には共通点が見つかりました。

共通点は質問が多いこと

質問が多い人ほど、相手から好かれるって言うことがわかりました


スクリーンショット 2019 06 06 11 47 27

他の研究でも、トップ営業マンや交渉の上手い人は、
そうでない人より質問の量が約倍にもなるそうです。

つまり質問上手は、コミュニケーション上手ということです。
質問を増やすだけで、人から好かれるということですからね。

しかし、なんでもかんでも相手に質問すればいいのか?っていうと、実はそういうことではありません。
たとえば、年齢とか家族構成とか根掘り葉掘り聞いていたら、逆に失礼になりますよね。

ではどんな質問をすればいいのか?というと、それがフォローアップクエスチョンです。

フォローアップクエスチョンとは何かというと、

「相手の話題について質問する」ということです。


スクリーンショット 2019 06 06 11 47 39

簡単な例でいうと、相手が「昨日ごはん食べに行ってきたの」って言ったら、
「どこに行ったの?」「どうだった?美味しかった?」とか。
それから「車で入ったの?」とか、「雪は降ってなかった?」とか。
質問で、相手の話題を盛り上げていくということです。

これがフォローアップクエスチョンです。

あの有名人もフォローアップクエスチョンを使っていた

スクリーンショット 2019 06 06 11 48 00

実はこのフォローアップクエスチョンは、喋りのプロや、テレビ司会者などもみんな活用しています。
というか、テレビの司会者は、“フォローアップのみで会話している”と言っても過言ではないくらいです。

例えば“明石家さんま”さん、とか“ダウンタウンの浜ちゃん”とか。
司会の人を一度テレビで確かめてみてください。
ずーっとフォローアップで話を盛り上げているのがわかると思います。


スクリーンショット 2019 06 06 11 48 11

このようにフォローアップは話のプロも活用している、人に好かれる最高の会話術です。

しかもやり方は簡単。
質問で相手の話に乗っかるだけ。自分の話題は不要です。
ですので、しゃべりが苦手な人でもきっとすぐにできるようになるはずです。

人間どんなことでも、毎日やっていたら必ず慣れてきます

まとめ

スクリーンショット 2019 06 06 11 48 22

今回のまとめです。

人に好かれる会話方法

  • 単純接触効果
  • フォローアップクエスチョン

とにかく雑談の量を増やすことが肝です。

2つ目のフォローアップクエスチョン相手の話題について質問する
質問で相手の話題を盛り上げていくということですね。

この2つは最高のコミュニケーションツールです。
自分が得するだけではなくて、相手も気分が良くなりますからね。

ぜひ活用して今よりもっと素晴らしい人間関係を築いていってください。