西三河の物件情報はコチラ

ジェネリック医薬品のメリット・デメリット

ジェネリック医薬品のメリット・デメリット

特許の切れた既製の医薬品と同じ成分で作られ、同じ効果があると思われているジェネリック医薬品。薬の主成分は同じながら、添加物や製造方法が異なることから、体質に合わず効果が薄れたり、副作用に影響を与えることが稀にあるそうです。

ハンバーグに例えると、同じお肉(主成分)を使っても、パン粉・卵(添加物)、こね方・焼き方(製造方法)が違うと、味(効果)に差が出てしまうことがありますよね。そのようなことがジェネリック医薬品にも言えるため、既製の医薬品から切り替える場合は、お試し期間を作るのが理想的とのことです。

とはいえ、何より値段が安いことが最大のメリットであるジェネリック医薬品。最近では飲みやすくするための改良なども施され、イチゴ味やヨーグルト味、さらにはお粥に混ぜることができる梅味まで登場しているそうです。