【休息の達人】効果の高い仮眠のススメ

エッグくん

今回のテーマは、効果の高い仮眠のススメです。

午後お昼ご飯を食べた後ってすごく眠たくなりますよね。

これは人間として当然のことで、一番眠たい時間帯は、深夜2時から3時。そして、2番目に眠たい時間帯が、午後2時から4時だそうです。

これは世界共通なので、昼食後に眠たくなるのは当たり前なんですが、眠気を我慢しながら仕事をするのは、ものすごいストレスですよね。

仕事もはかどらないし、そのストレスを解消してくれるのが仮眠です。

仮眠の効果が、科学的に証明され始めたのは意外と新しくて、ここ20年くらいのことです。

昼寝の研究成果

NASAの研究者。
「26分の仮眠によって、仕事効率が34%アップします。社員の能力を、ほんの20分間で34%アップも向上させる経営戦略が他にあるでしょうか。」といっています。

日本の厚生労働省も、
「午後の早い時間に、30分以内の短い昼寝をすることが、眠気による作業効率の改善に効果的です。」といっています。

国も昼寝をしましょう。と正式に認めています。

それから、世界の大企業、グーグル、アップル、マイクロソフトなども、仮眠室や睡眠マシンを導入して、積極的に昼寝を進めています。

よく車の中で昼寝をしている人を見かけると、一見サボっているように見えますが、あれは科学的には大正解なんです。

仮眠の効果

仮眠には、どんな効果があるのかというと、

  • ストレス解消効果
  • 集中力アップ
  • 病気の予防
  • 心臓病予防
  • 糖尿病予防
  • 認知症予防

などさまざまな病気の予防になることがわかっています。

わずかな時間仮眠をするだけで、メリットがいっぱいあることが分かっています。

しかし、昼寝にはちゃんとやり方があって、やり方を間違えると、逆効果になるだけではなくて健康を害したりもします。

効果の高い昼寝の取り方

仮眠時間

まずは時間仮眠の時間はどれくらいがベストなのか?

というと、たくさんの研究がありますが、15分から30分が理想的な仮眠時間です。

もう少し具体的に言うと、寝付いてから15分。寝付くまでには個人差がありますので、すぐに眠れる人は15分ですし、寝つきの悪い人は30分くらいの昼寝時間を確保する必要があります。

30分を超えると効果がだんだん落ちてしまい、1時間を超えると健康にも悪影響を与えます。

悪影響の例は、頭がボーッとしてやる気が出ない。とか、夜の睡眠の質が悪くなる。不眠の症状が出てくる。などです。
他にも、長い昼寝は糖尿病や、アルツハイマー病など、病気のリスクが高くなるというデータもあります。


寝る姿勢

寝る姿勢ですが、これはどういった姿勢でもいいです。横になって寝る。背もたれを倒して寝る。机にうつ伏せになって寝る。寝れればなんでもOKです。

昼寝のコツ

昼寝

1つ目のコツは、同じ時間、同じ場所、同じ姿勢で寝ること。

今日から昼寝を始めて、ぐっすり眠れました。という人はまずいないと思います。

最初はみんなうまく寝られないです。でも、毎日同じ時間、同じ場所、同じ姿勢で寝ると、脳がそれをプログラムして、習慣化することができます。

習慣になれば、いつも同じ時間に眠たくなる。寝付くまでの時間を短縮できる。上手に昼寝をできるようになるというわけです。

2つ目のコツは寝る前にコーヒーを飲む。

昼寝の前にコーヒーや、緑茶などを飲むと、ちょうど30分後くらいにカフェインが聞いてくる。つまり目覚めがよくなるわけです。

イギリスのラフバラー大学の研究によると、コーヒーを飲んで、15分から20分の仮眠を取ると、頭の回転が最も高まるという結果も出ています。

3つ目のコツは昼寝は3時まで。

3時以降に昼寝をすると、夜の睡眠に悪影響が出て不眠の原因になります。

昼寝は早ければ早いほどいい。ということですね。

理想的なのは、お昼ごはんを食べたら、コーヒーで一服して、それから仮眠をとること

トータルでちょうど1時間くらい。これがベストです。

他には、寝れない場合も、目をつぶっているだけでも効果はあります。

人間の脳は、目からの情報を処理するのに、90パーセントの力を使ってますので、目をつぶるだけで脳の休息になるし、目を閉じた瞬間から、脳内にアルファー波が出てきますから、リラクゼーション効果もあります。

ただ午後の眠気を飛ばす効果はありません。残念ですけど、どちらにしても起きているよりはずっとマシということです。

まとめ

お昼ごはんを食べたら、コーヒーやお茶で一服をし、その後15分から30分の昼寝をする。

すると午後からもイキイキ働けるだけではなく、ストレス解消や健康増進にも役立ちます。

世界の最先端を行く、一流企業が続々と昼寝を取り入れてる理由も、昼寝はしなきゃ損ということが、科学的に証明されてきたからではないでしょうか。

ぜひ、皆さんも昼寝を生活に取り入れてみてはいかがでしょうか。バイタリティーが出てきて、午後のストレスの少なさにびっくりすると思います。