【これだけで変わる!】人間関係が楽になる8:2の法則

エッグくん

人の悩みのほとんどは人間関係だと思います、そのストレスをグッとラクにしてくれる2対6対2の法則をご紹介させていただきます。
この法則を知るだけで、人間関係が楽になるという優れものです。

パレートの法則

スクリーンショット 2019 06 01 16 02 29

パレートの法則とは、多くの現象は80対20というバラつきが生まれるという法則のことです。

  • 世界の資産の80%は20%の富裕層が持っている。
  • 犯罪の80%は20%の人間によって行われる。
  • 渋滞の80%は20%の道路で起きている。
  • 20%の服で80%の時間を過ごしている。
  • スマホは20%の機能を覚えれば80%のことができる。

というように、多くの現象が80対20の割合になっています。(必ずぴったり80対20対になるのかっていうとそうではありませんが、多少のばらつきはあります。)


スクリーンショット 2019 06 01 16 03 32

この法則を発見した経済学者のパレートの名前をとって、パレートの法則と呼ばれています。2対6対2の法則と呼ばれることもあります。

なぜ2対6対2の法則なのかというと、たとえば働きアリ。働きアリには働き者っていうイメージがありますが、実はそうではありません。働き者はたったの2割2割のエリートアリが8割の食料を集めてくるそうです。では残りのアリは何をしてるのかっていうと、6割がぼちぼち働くアリ。残りの2割が怠けもののアリだそうです。これはアリの話だけではなくて、人間も同じでどこの会社に行っても大体になっているそうです。


スクリーンショット 2019 06 01 16 04 21

ここからが面白い話になるのですが、エリートのアリばかりを集めて観察したらどうなったか?

普通に考えたら、大量の仕事をこなしたと思いますよね?

しかし、不思議なことに2対6対2に分かれて行ったそうです。

では反対に、怠けもののアリばかりを集めて観察したらどうなったか。
やっぱり2対6対2に分かれて行ったんです。

つまり、2対6対2の法則は“自然の摂理”。“自然法則”です

ボールを手放すと必ず下に落ちますよね。
それと同じで2対6対2の法則は“自然の摂理”ということができます。どこに行っても大体になっている。

それが2対6対2の法則です。

反対意見をいう人は必ず出てくるもの

スクリーンショット 2019 06 01 16 05 15

この法則を頭に入れておけば、人間関係が楽になります。何故かといえば、嫌な人が反対側の人に変わるからです。

例えば、自分と意見が合わない人がいても気にすることはありません。

なぜなら自分と意見が合う人が2人いれば、意見が合わない人が2人くらいはいるのが当然だからです。

食事のときに「食べ物を残してはいけない」っていう人もいれば、「いやいや無理して食べるのは良くないよ」と反対を言う人も出てきます。

そしてその間に、「どっちでもいいんじゃない」という人たちがいて、世の中はうまくバランスを取っている。
これが2対6対2の法則であり、これがあがなうことができない“自然の摂理”です。
これに逆らおうとすると人間関係が苦しくなります。

例えば、「お前の意見は間違ってる」とか討論や言い争いをしても、それは自然の摂理に逆らうエネルギーの無駄遣いです。

たとえ相手を言い負かしたとしても、結局は恨みを買うだけで、相手は絶対に意見を変えません。
なぜ意見を変えないのかというと、それが“自然の摂理”だからです。

しかし2対6対2の法則を知っていれば、「反対意見をいう人は必ず出てくるものなんだ」。「それが自然の法則なんだ」。とすぐに割り切ることができます。何の利益もない言い争いに無駄なエネルギーを使うことはなくなるわけです。意見が違う人というのは敵ではなくて反対側の人です。

自分を嫌う人、自分を嫌う人がいても気にすることはありません。なぜなら自分に好意を持ってくれる人が2人いれば、自分を嫌う人が2人くらいはいるのが当然だからです。

素直に個性を出すこと

スクリーンショット 2019 06 01 16 06 51

「誰からも嫌われたくないから」と八方美人になってしまうと心が苦しくなり、それだけではなくて誰からも好かれない、という悪循環に陥ってしまいます。

なぜかというと自然のバランスが崩れるから。しかし2対6対2の法則を理解していれば、もっと「個性を出した方がいいんだ」とか、「一部の人から嫌われるぐらいでちょうどいいんだ」、「我慢しなくてもいいんだ」と吹っ切ることができるはずです。

しかし、これは単に“わがままにいきましょう”。という話ではありません。“自然の摂理”だから、「自分を嫌う人がいて当然なんだ」、「不完全な自分でもいいんだ」と理解することです。2対6対2の法則をちゃんと理解していれば、完璧じゃない自分になることも、個性を出していくこともそんなに難しくないと思います。

嫌な相手から距離を置く

スクリーンショット 2019 06 01 16 07 40

最後に、「嫌な友達、悪口ばかりで嫌になる」とか、「意地悪な友達がいて困る」とか。そんな人を何とかしたいと思うのは人情ですが、どうすることもできません。他人は変えられないと言いますけどそう簡単に相手は変わらないものです。
なぜかというと、それが2対6対2の法則だからです。

その場所からそーっと立ち去るっていうのが懸命な大人の判断です。

それと同じで、近くに嫌な友達がいるのならそーっと距離を置く。できるだけ関わらない。
そうすればバランスがよくなって、嫌な思いをすることもぐっと減る。

今よりずっと気楽に生きられるはずです。2対6対2のバランスに持っていくことが、一番楽な生き方ということです。

まとめ

スクリーンショット 2019 06 01 16 10 39

この記事のまとめ
今回のまとめです。
2対6対2の法則は“自然の摂理”です。それを受け入れることで人間関係が楽になります。

  • 1つ目は、意見が合わない人は反対側の人。意見の違う人と言い争ってもエネルギーの無駄遣いです。「反対意見をいう人は必ず出てくるものだ」と割り切ってしまえばいい。
  • 2つ目は自分を嫌う人も反対側の人。「誰からも嫌われたくない」というのは無理。自分が苦しくなるだけです。素直に個性を出して行ったほうがバランスがよくなってうまくいき、楽に生きられるようになります。
  • 3つ目は嫌な友達も反対側の人。相手を変えようとするのではなく、相手と距離を置けばバランスが良くなります。

最後に、人間というのはとにかくネガティブな方ばかりに目がいってしまうものです。
ネガティビティ・バイアスといいますが、これは人間の性です。
しかし少しだけ意識して、ポジティブな方に視点を変えてみる。ポジティブな方に意識を向けて生活する。ネガティブな感情を持ったら視点を変えてみる。

たったそれだけのことでも明るくて幸せで実りのある毎日になると思います。