【事実】逆境に強い人の10の特徴

逆境に強い人の10の特徴

レジデンスとは

自分の心が折れそうになった時に立ち直る力、回復力、へこたれない力。


2012年
イェール大学
Steven Southwick
過去20年レジデンスの研究をリサーチして逆境に強い人の10の特徴をまとめた。

現実的オプティミスト(現実的な楽観主義者)

・楽観主義の人は、ネガティブなことそのものから目をそむける(現実逃避)。
・悲観主義の人は、問題のネガティブな側面にフォーカスしすぎて生産性を自ら落とすから逆境を突破しにくい。
現実的オプティミストは、悲観主義の人と同じ様にネガティブな側面に目が向きやすいが、現実的な対策を打つために目を向ける。
そして、問題の突破しやすい一部分を見つけて、こつこつ頑張るから逆境を突破しやすい。逆に問題解決が不可能と判断したら見切りをつけるのも早い。


恐怖から意識をそらさない

逆境に強い人は、自分の感情に徹底的に向きあう。
恐怖や不安から何を学べるか考える。

多くの神経学的研究では、恐怖をやり過ごすには、逆に恐怖に意識を向けることがより有効的だと分かっている。(恐怖にとらわれるとは意味が違う。)
逆に恐怖から目をそらすと逆境を乗り越えられない。


モラル・コンパス(道徳的なコンパス・倫理基準)

逆境に強い人は、逆境になればなるほど親切心と正義感が強くなる。
道徳的なコンパスの概念は、本質的に人間の信念に土台を置いている。倫理基準を持つことはレジデンスに結びつく重要な因子。

逆境に陥った時に他人を助ける人
時間に余裕がない時に、他人を助けてあげた人と自分のことだけをやった人を比べると、他人を助けてあげた人の方が時間がないという焦燥感に苛まれず、生産性があがることが分かっている。


ソーシャルサポート(社会的なつながり)

逆境に強い人は、逆境に陥ったときほど人とのつながりを大事にしようとする。

ネガティブな感情を作り出しているのが、脳の扁桃体。社会的なつながりは、オキソシン(愛情ホルモン)を分泌させ、扁桃体の活動が少し治まることが分かっている。
メンタルが安定し逆境に強くなる。

ベトナム戦争で捕虜になった軍人
大部分の人が、長期の過酷な環境下での監禁生活でメンタルが病んだが、メンタルを病まなかった人もいた。
メンタルが病まなかった人は、壁をたたき隣の監獄の人と頻繁にコミュニケーションをとっていた。
他人とのつながりを感じ、逆境を耐え抜いた。


ロールモデル(憧れの生き様)

逆境に強い人は、あの人の様に行動したい、信念を持ちたい、生き様を持ちたいという憧れのロールモデルを持っている。
“自分も同じ様に生きられるように努力がしたい”というモデルをつくることが重要。
どうしても理想のロールモデルが作れない場合は、反面教師をつくってもレジデンスは高まる。
行動規範のようなものがあればレジデンスが高まる。

恵まれない環境でも成果をあげる人
両親からの虐待を受けて育った人や、貧困な家庭に育った人の多くは逆境に負けてしまうが、その中でも逆境に負けず成果をあげる人は、少なくとも必ず一人はロールモデルを持っている。


生涯に渡って学ぶ姿勢

逆境に強い人は、生涯に渡って常に学ぼうとする。
恐怖や不安を感じた時は向き合うべき。向き合うためにはリフレーミング(この試練を乗り越えることにより何かを手に入れられるはずだ)しないといけない。
学びの態度がないとできない。

学びの態度がなくなると、ヘコタレやすくなるのですぐにキレたりいじけたりする。学びには自尊心や、人生の目的感を高める作用がある。
生涯に渡って学習する態度を忘れないこと。


コーピングレパートリー(ストレスに対する対処の引き出し)

・逆境に強い人は、多くのコーピングレパートリーを持っているので、ストレスを感じた場面に応じて、自分の中の引き出しから選択して取り出せる。
・逆境に弱い人は、コーピングレパートリーが少ないので同じストレス解消法に執着する。

ストレス発散になる行動を、複数リストで持っておくこと。
(最も有効的なコーピングレパートリーはユーモアを織り交ぜたもの。)


超ストレス解消法 イライラが一瞬で消える100の科学的メソッド
読みやすさ
(4.0)
面白さ
(4.0)
デザインの美しさ
(3.0)
値段
(3.0)
コレクション性
(4.0)
総合評価
(4.0)

運動の習慣

逆境に強い人は、定期的な運動の習慣をもっている。
レジデンスを高めるには、RPEが9に近い運動をすることが望ましい。
推奨:短時間の高負荷な有酸素運動(HIIT)、ハードめな筋トレ。


スピリチュアリティ(畏敬の念)

逆境に強い人ほど、畏怖の観念や宗教的な観念を持っている。
自分を超える存在や、畏敬の念への対象を持つこと。(誰が喜んでくれるのか?誰に生きる意味を与えられるのかを常に考えている。)


意味感

レジデンスが高い人は、あらゆる行動を深掘りして意味を見出そうとする。
漫然と行動を起こすのではなく、重要な意味があると認識してから行動をおこすからへこたれない。